腰痛情報WEB

【腰痛情報WEB】 トップ > 背骨と腰痛

背骨と腰痛

私たちの体は、背骨で支えられています。正しい姿勢で直立をするとき、背骨はゆるやかなS字カーブを描いています。
このようにS字にカーブした背骨によって動作がスムーズになり、外部からのショックを吸収します。
また、S字カーブは体本来のバランスをとるのに役立っています。

私たちが運動するときに背骨にかかる力は、想像以上に大きなものです。
座っている状態のときには、仰向けに寝ているときの5倍もの重量がかかっているといわれています。

姿勢の変化により、椎間板内にかかる負担を調べた報告があります。
これによると、例えば体重70kgの人は、普通に立っているだけで約100kgの負担が第三腰椎椎間板(お尻のカーブが始まる付近)にかかるというのです。

さらに立ったまま上体を20度、前に傾ける、いわば軽くお辞儀をした状態ですが、この場合は150kgです。
イスに腰掛けても負担がかかります。ひじ掛けや背もたれのない椅子に腰掛けるだけで、140kg。椅子に座って上体だけを20度傾ける、いわばイスに腰掛けたままお辞儀をする状態ですが、この場合は180kgの力が加わるというのです。
逆に、ゆったりと仰向けに寝た場合には、25kg、横向きでは70kgで、負担は軽減されるのです。

これからもわかるように、立ったり座ったりするだけで、これほどの負担が背骨にかかります。
ところが、私たちの日常は、それ以外にもさまざまな動きをしなければなりません。
重いものを持ち上げたり、荷物を上から下ろしたり。また、不自然な姿勢を長時間続けたり、坂や階段を上ったり降りたり。またあるときは、つまずいたり、瞬間的に身をかわしたり。
背骨にかかる負担は相当なものです。腰痛を訴える人が多いのも当然といえば当然なのです。

私たちの体は骨格だけで支えられているのではありません。骨には筋肉という頼もしい味方がついています。この両方のバランスがうまくとれていなければ、体を支えることはできません。

骨と筋肉は密接な関係を持っています。筋肉に問題があれば骨に、骨に問題があれば筋肉に悪影響が及び、体全体のバランスを崩し、痛みを発生させるのです。

腰痛には悪循環があります。
背骨がダメージを受けると、ダメージをカバーしようと筋肉が頑張ります。筋肉の緊張により発痛物質ができ、痛みが出ます。筋肉の緊張は、体に異常な負担を与えます。
その大きな負担によって背骨に悪影響が及び、その結果としてまた、筋肉が緊張し、そしてまた痛みが出る・・・・・・。

腰痛の悪循環は、特に背骨と筋肉を中心にし、痛みを伴いながら継続します。まず、骨そのものの治療が必要(変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗そう症など)なのか、筋肉そのものを活性化させる(運動不足による筋肉の衰えを回復する、悪い姿勢のために疲労した筋肉を回復させるなど)のかを見極めることが大切。
これが腰痛を解消し、その悪循環を断ち切る大きなポイントなのです。